絵画観ー

「ゴルゴタの嘆き」 田中悦子 油彩    123x154cm
「ゴルゴタの嘆き」 田中悦子 油彩    123x154cm

 

耳が聞こえないから、今の私の絵画があるのでしょうか?補聴器を外しても、私は私であり、制作し、思考し、決断する時に補聴器を必要としません。

幼年期の二つの大きな出来事、自分だけが聞こえないことがわかったこと、もう一つはセントメリー教会で見たもの。

もし、耳が聞こえていたなら、私は絵画を描かず、音楽や文学を選択していたはずです。私の深い関心はこの二つにあったのですから、、。

しかし、不条理とも言える聴覚欠如のため、制作に聴覚を必要としない絵画へ向かわざるを得なかった。絵画は私に与えられた不条理への抵抗と言えます。

幼年時代、カソリック教会で見た強い印象が私の絵画原体験です。イエス・キリストの生涯を知るようになって、特にこの人物の神々しさを作品のテーマにしています。描くのは、イエスばかりでなく、12使徒や聖者の他、ベルリン、東京に生きている人々も描いています。      

2004,2,16, ドイツ、ベルリンにて

               

 トップに戻る

                 

 

 

楽天市場